マイルを電車利用でも貯めるならJALカードSuicaがおすすめ

マイル・ポイント

JRE POINTをJALマイルに交換する記事のなかで『JALカードSuica』を準備する必要があることをご説明しました。

JRE POINTをJALマイルへ交換する方法
JR東日本の電車や新幹線に乗るだけでたまるJRE POINTをJALマイルに交換する方法をご紹介します。

JALマイルを貯める場合はJALカードの利用が必須だと思います。

もしJR東日本とSuicaを利用している方なら『JALカードSuica』を検討してみてください。

今回はそんな私一押しの『JALカードSuica』の特徴を解説します。

JALカードSuicaの特徴

JALカードSuicaは大まかに3つの機能を持っているカードです。

  • クレジットカード機能
  • 交通系IC『Suica』機能
  • JALマイレージバンク機能

いろいろな機能が一つにまとまっているため、分かりにくい部分もあるかもしれません。しかし理解すると一枚でいろいろなことに利用できる点が優れています。

基本還元率は0.5%

一般JALカードと同様に還元率は0.5%でJALマイルとして還元されます。

還元率0.5%は微妙に感じられるかもしれません。

ただ、『1マイル=1.5円~2.0円』が相場かと思いますので、十分お得です。

JR東日本の利用で0.5%JREポイントが還元

大きなポイントとしてJR東日本やSuicaといったサービスを利用することでJRE POINTを貯めることができます

通常利用ではJALマイルで0.5%還元され、JR東日本やSuica利用ならJRE POINTで0.5%還元されます。

ポイントの二重取りはできませんので、基本還元率はやはり0.5%です。

 

JRE POINTをJALマイレージ(マイル)に交換できる

JALカードSuicaの最大のメリットがJRE POINTからJALマイルへの交換ルートを確立できる点です。JRE POINTからJALマイルへの交換はJALカードSuicaが必須になります。

ショッピングプレミアムに入会した場合は、『1,500 JRE POINT = 1,000 JALマイル』で交換できます。

ショッピングプレミアムに入会していない場合は、『1,500 JRE POINT = 500JALマイル』となり交換レートが低くなります。

もしJRE POINTをJALマイルへ交換することを考えている方は、ショッピングプレミアムに入会することをおすすめします。

Suica一体型のクレジットカード

交通系IC『Suica』の機能を持ったクレジットカードです。

JALカードSuicaを利用して改札を通過することができます。

現在、通常のSuicaを利用している方は、JALカードSuicaと交換すればカードの枚数を増やすことなくクレジットカードを一枚財布の中に追加できます。

Suicaのオートチャージに利用できる

オートチャージは改札通過時に残高が設定値以下であった場合に、設定した金額を自動的にチャージしてくれる機能です。

私は残高が3,000円以下になったときに改札を通過すると、5,000円オートチャージされる設定にしています。

残高が少なくなっても券売機等でチャージする手間がなくなりますのでとても便利です。

さらにSuicaチャージではJRE POINTが1.5%還元されます。

Suicaを利用して改札を通過している方はJALカードSuicaからのチャージをおすすめします。

JALカードSuica自体が交通系ICのSuica機能を持っていますので、このSuicaにオートチャージすることもできます。

もちろん別のSuicaカードにオートチャージを設定することもできます。

「クレジットカードは落としたら面倒!Suicaカードは別で持ちたい!」という方にもおすすめです。

 

通常のJALカード特典が利用できる

通常のJALカードにプラスしてJR東日本のサービスやSuicaを利用しやすくなっているのがJALカードSuicaです。

特典などで通常のJALカードよりも劣っている点はありません

JALカード特約店、eマイルパートナーで還元率UPの特典を受けたり、フライトマイル貯めたりといった通常のJALカードと同じ使い方ができます。

 

JALカードSuicaのデメリット

年会費が掛かる

初年度は年会費無料ですが、2年目からは2,000円の年会費が必要です。さらに家族カードでも1,000円、ETCカードでも477円の年会費が必要です。

JALカードSuicaでETCカードを利用するメリットはありません。

限度額が「10万~80万円」と少ない

致命的なのが、限度額(利用可能額)が最大80万円までしか設定できない点です。

フライト予約や大きな買い物をJALカードSuicaでしようとした場合にすぐに引っかかってしまうかもしれません。

もし限度額が80万円以上必要であれば、CLUB-AカードやCLUB-GOLDカードを利用する必要があります。

年会費が高くなりますが、各種特典も追加されます。

 

まとめ

私はJALカードSuicaのCLUB-Aカードを利用しています。もちろんショッピングプレミアムにも入会し、通勤時のSuica利用などでたまったJRE POINTはすべてJALマイルに交換しています。

SuicaとJALカードが一体になっているだけですが、使い勝手はとてもいいと感じています。

空港までの電車やモノレールではSuicaとして利用して、そのままJALカード(タッチ&ゴー)として飛行機まで乗ることができてしまいます。

空港の手荷物検査等をスマートに通過できます。

もしJR東日本とJALの両方を利用する方にはとてもおすすめのカードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました