【Python】OpenPyXLでExcelファイルからセルの値を取得、書き込む

WEB・Program

openpyxlモジュールのインストール

pipを使用してインストールできます。

pip install openpyxl

セルの値を取得する

適当なexample.xlsxを準備し下記プログラムを実行するとセル(B1)の値を取得することができます。

import openpyxl
# ワークブック(.xlsxファイル)を開く
wb = openpyxl.load_workbook("example.xlsx")
# シート名"Sheet1"の取得
sheet = wb.get_sheet_by_name("Sheet1")
#セル(B1)の値の取得
val = sheet.cell(row=1, column=2).value
print(val)

cell()メソッド

cell()メソッドに渡す、row、columnによりCellオブジェクトを取得できます。for文でrow、columnに値を渡すことで連続したセルの値を取得することもできます。

 

セルに値を書き込みワークブックを保存する

import openpyxl
# Workbookオブジェクトを新しく作成
wb = openpyxl.Workbook()
# 作成したWorkbookオブジェクトに存在するSheetを指定
sheet = wb.get_sheet_by_name("Sheet")
# SheetのA1セルにHello Worldと書き込む
sheet["A1"] = "Hello World"
# SheetのB1セルにHello Worldと書き込む
sheet.cell(row = 1, column = 2).value = "Hello World"
# save()メソッドでファイル名を指定してワークブックを保存する
wb.save("example.xlsx")

セルに値を書き込む場合、座標を文字列で指定する方法と、cell()メソッドで指定する方法があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました